まっさんの「生きにくさ」を考えるサイト

心の重さをちょっとだけ軽くできるかも

無意識にたまる睡眠借金の返済方法おしえます

f:id:matinaka:20190108092236j:plain

こんにちは、町なかの『まっさん』です


あなたは日中に眠くて眠くてい方がないことありませんか?

睡眠時間は十分なのに眠気が「ガーッ!!」っと襲ってくる

または、気が付いたら寝ていたなんてことありませんか

十分な睡眠をとっているはずなのに日中に眠気がひどいのは

  1. 単純な睡眠不足
  2. 睡眠時間が適切でない
  3. 睡眠障害
  4. 睡眠薬の影響

などが考えられます

今回は「不眠」による睡眠障害ではなく、眠れている人の睡眠障害いついてつらつら書いています

 

ちょうどいい睡眠時間をみつける

あなたは、1日何時間寝ていますか?

 

多くの人は7時間前後ではないでしょうかねェ!?

睡眠時間について次のようなデータがあります

 

f:id:matinaka:20190107185704p:plain

表から平日よりも週末の平均睡眠時間が長くなる傾向があることがわかります

 

1週間の疲れやストレスを週末の睡眠で解消しているんですね

平日と週末の睡眠時間のズレがこの程度であれば特に問題ないです

 

でも、この「ズレ」が大きくと睡眠負債となります
睡眠の借金が大きすぎて週末だけでは返済できなくなります

 

21~38歳の人を対象にした睡眠の研究では、2週間、毎日6時間の睡眠を続けるだけで、1日徹夜したのと同じになります


6時間といえば、「まあ寝てるかな」という感じじゃないですか!?
それでも睡眠レベルは徹夜したことと同じなんですね 

 

ではこれってすべての人にあてはまるんでしょうかね?

 

あなたは睡眠時間が健康に影響を及ぼすなんてよく聞きますよね

一般的に

  • 「長寿」の人の睡眠時間は7時間
  • 「心疾患」になりにくい人の睡眠時間は8時間

といわれますが、これはあくまでも統計上の目安にすぎません

 

6時間程度しか寝ていなくても日中に眠気を感じることなくスッキリと快適感に過ごしている人もいます(ただし週末に借金返済をキチンとしていますが。。。)

 

つまり、睡眠時間の長い短いを考えないことが重要で、睡眠の長さを気にしすぎて不眠になることが一番よくないです

 

生活が乱れや不眠により睡眠時間のズレをリセットできない状況になると、睡眠と覚醒のリズムが狂い「睡眠構造の変化」がおきます

 

これにより睡眠の借金がきちんと返済できなくなり、日中の眠気、つまり「寝ているのに寝不足」状態になっちゃうんですね

 

「8時間寝ないとダメ」

「何時までに寝る」

と決められた睡眠管理は不眠のもとです

あなたにあった睡眠時間を意識してください

 

日中の眠気の原因は睡眠障害かも

 

あなたは「ナルコレプシー」という病名を聞いたことがありますか?

 

これは、睡眠障害の中の一つで、日本では「居眠り病」と言われることもあります

 

睡眠をコントロールしている覚醒系に問題がある病気です
日中に耐えがたい眠気が繰り返しおきます

関連記事
『異常行動と依存』ベンソジアゼピンの危険性
睡眠薬や不安薬など「ベンゾジアゼピン系」の薬物には精神的依存があります。睡眠をコントロールしている覚醒系と抑制系について解説しています。オレキシンは脳の覚醒(目が覚めている)状態をキープするホルモンですが、このが分泌が低下すると脳の働きを抑制(寝ようとする)神経が優位になり眠気がおきます。

 

覚醒系の異常がある「過眠症」

 

過眠症には2つのタイプがあります

  1. ナルコレプシー
  2. 特発性過眠症

 

ナルコレプシーとは

 

覚醒系に関係があるホルモンに「オレキシン」があります

 

ナルコレプシーはこのホルモン分泌が低下している状態です

 

さらに、ナルコレプシーの特長は多夢(夢を多く見る)、金縛りなどがあります
これはREM睡眠(身体は脱力しているのに脳の活動は激しくなっている状態)が通常より過剰になっているため、脳は覚醒しているのに体が動かないため、夢をみているが動けないような幻覚を感じるためで、かなりの恐怖感があります

 

また、REM睡眠状態(浅い睡眠状態)の時間が長いため中途覚醒も頻回におきます
これも寝不足感の一つとなります

 

特発性過眠症とは

 

原因は不明の睡眠障害

「寝起きがあるいねェ~」

「(寝坊で)遅刻が多いよ」

と周りから言われる人いませんか?

 

生活が規則正しいのに、目覚めがわるかったり、遅刻が多い場合はこの病気の可能性があります

 

 

特発性過眠症」の特徴は

  • 1日の睡眠時間が徐々に長くなり起床(覚醒)が困難になる
  • 起床困難がひどくなると、行動したに記憶がないことや会話が混乱したりする
  • 十分な覚醒ができていないため、「寝ているはずなのに寝不足」を感じる

無意識に自分で睡眠妨害をしているかも。。。

寝不足感や熟眠感の欠如には、寝ているときの無意識の睡眠妨害が原因の可能性もあります

まとめて睡眠妨害性身体現象といいます


代表的な身体現象は

がありますね

 

睡眠時無呼吸症候群などはテレビなどでよくみるので有名ですね
睡眠中に呼吸数が減少しついに停止。。。で、「ぐあー」って呼吸再開!
あれ?あれれ?っていうくらい停止していますよね

 

あの「ぐあー」って時に脳は覚醒反応(目は覚めませんが脳が「あれ?」って覚醒しています)を起こしています


なので睡眠がちょっと中断されたり、眠りが浅くなってしまってます
その結果「寝ているのに寝不足」となります。

 

もう1つ

 

『周期性四肢運動障害』とは睡眠中に足や腕が20~40秒くらいのペースで寝ている間にガシガシ動くため覚醒が反応が生じて睡眠が分断される現象

 

無意識の覚醒をしているため無意識の寝不足状態になっているため日中に過度の眠気がおきます

 

寝ているあいだに足や腕がケッコウ動いているのに本人には記憶がありません

本人には自覚できないくらいの超短時間の覚醒のため「寝ているのに寝不足」となります

 

過眠症や睡眠妨害性身体現象による睡眠障害睡眠薬では改善できないため「睡眠専門医療機関」の受診が必要です

 

まとめ

 

適切な睡眠時間は個人により異なりますが、「時間数」よりも「スッキリ目が覚めたか」や「日中に眠気がないこと」が重要です

 

 

一方で、十分寝ているのに「寝不足感」が強い場合は、「過眠症」や「睡眠妨害性身体現象」があるかもしれません


一般的には、「不眠」ということで睡眠薬が処方されますが、睡眠薬で改善しない場合は「専門機関」への受診が必要です