まっさんの「生きにくさ」を考える

生きるのがちょっとだけ楽しくなるかも

年金だけじゃ生きていけない!最低限知っておきたい資金形成タイムライン

年代別必要資金の貯め方

【お金のため方】年代別に必要なお金を再確認してみましょう

こんには『まっさん』です

あなたの人生に必要な資金ってなんでしょうか?

人生の3大資金として、

  • 教育資金(1,000~2,000万円)
  • 住宅購入資金(2,000~3,000万円)
  • 老後資金(1,500万~3,000万円)

は有名ですね。

 

でも、これらの資金は額が大きいためすぐに用意できませんね。

だから計画的にコツコツと貯める必要があります。

 

『計画的』とは毎月いくらとか給料の何%といった「金額」も重要なんですが、もっと人生を俯瞰(ふかん)してみて、

  • 「いつまで」に
  • 「何の資金」を
  • 「どれくらい」ためるか

を決めることも重要なんですね。

 

今回は年代別「必要資金」として「いつまで」に「何の資金」を貯める必要があるかについてつらつら書いてあります。

 

年代別「必要な資金」の内訳

生活パターンや考え方は色々ですので一概に「必要な資金はこうだ」とは言えませんが、あなたの人生の中でコツコツと貯めないと急には用意できない資金があります。

 

それが3大資金と言われる、

  • 教育資金(1,000~2,000万円)
  • 住宅購入資金(2,000~3,000万円)
  • 老後資金(1,500万~3,000万円)

です。これらの資金は金額が大きいだけでなく、連続していることが特徴といえます。

このことはつまり、計画的にコツコツためていくことができる資金でもあるわけす。

資金計画図

必要な資金タイムテーブル

30歳代夫婦が必要な資金

主に、「教育」と「住宅購入」の資金を同時に考えなくてはならない30歳代が、資産形成にとって一番きつい時期かもしれません。だからこそ、資金形成には優先順位をつけ、計画的に資産を増やす必要があります。

資金積立ポイント図

30歳代の資金積立ポイント

 【教育資金の確保を優先する】

『子供の教育費が最大となるのはいつ』だと思いますか?

大学入学のとき?

それとも

私立中学受験のときですか?

 

実は

生まれた直後」が教育費が最大になるんです。

 

確かに、子どもが私立中学に進学する親の負担と、公立の中学に進学する親の負担では私立進学のほうがお金がかかります。さらに大学の授業料は、小中高の授業料よりも高いです(最近は無償になりつつあります)。ですから進学のときが教育費がもっとも多くなると考えるのは当然ですね。

 

でもこれは「学費」とう観点から考えた教育費です。それとは違い、『教育資金』とは、いま生まれた子供に対してこれから先かかるであろう「学業上のお金」のことです。つまり、子供が生まれたら、その時点で1,000~2,000万円の教育上のお金が必要になるということを意味しています。

 

だから

『教育資金形成』は子供が生まれた時点からスタートする

ことになります。

 

【住宅ローンは銀行任せにしない】

30歳代は結婚して子どもができる時期です。そろそろ「自分の家」をほしくなる時期でもありますね。

 

もしあなたが住宅購入を決心したら、一般的に銀行から融資を受けることになります。

 

通常ならば、銀行内部での審査のために、あなたの年収や資産、生活状況など根掘り葉掘り調査され丸裸にされます。その上で、「融資金額」の上限枠と返済条件が提示されます。

 

このとき勘違いしてはいけないことが、

『銀行が提示した「融資金額」と「返済条件」なんだから、この通り返済していけば大丈夫だろう』

 

確かに、銀行は様々なリスクを考えて「融資金額」と「融資条件」を決めてはいます。またそれが銀行の存在理由でもあります。ですが、銀行のお墨付きが、あなたが背負う「借金」と「ローンの返済」の安全性を保障しているわけではありません。

 

あくまで、現段階のあなたへの状況が融資条件に合っているというだけの話です。

 

銀行は独自の審査基準(非公開)であなたを『査定』します。また、銀行も『企業』でうすのでノルマがあります。ノルマを上げたいときは『査定』が甘くなります

 

実際に私も経験しましたが、住宅購入をするときに何回か相談するわけですけど、初めは「大丈夫ですよ」なんて言っていた融資枠が、2か月後には同じ条件なのに急にしぼんでしまったことがあります。つまり、融資条件(リスク)は『いま』の状況で決まるんですね。

 このようなことからリスク管理』は自分でしましょう。これから、あなたに起こるイベントやトラブルを考えて様々な条件をかえて借金返済を考慮してください。

 

とはいえ、銀行さんにいちいち相談することは不可能ですので、大変でしょうが「自分で返済額を計算できる」くらいがいいと私は思います。

 

さて、実際に必要な「住宅資金」ですが頭金は一般的に購入価格の20%程度(できれば30%)といわれていますが、最近は「低金利」の影響で「頭金なしの全額ローン」の方も増えてきています。

 

金利のときは「全額ローン」も全然ありです。ただし「現金」は残しておいてください。

 

頭金にはつかわなかったけど「住宅資金」として積み立て貯金は続ける。

これ鉄則です!

金利上昇時のリスク管理ですので必ずルール化してくださいね。

 

【住宅資金と教育資金は別口座で管理】

これは分かりやすいポイントですね。よく言われることですが、「お金には色がついていない」から混ぜちゃうと『何のために積み立てているか』『どれくら貯まっているのか』がわからなくなっちゃいます。

 

だから、積立口座は必要な資金の数だけ用意しましょう。いまは自動振り込みを利用できる銀行も多くなりました。日付・金額・指定口座を設定すると自動で振り込んでくれます。『自動振り込み』を利用すれば容易に複数の積立金管理ができますので試してはどうでしょうか。

 

ちなみに、わたしはSBI銀行で自動振り込みをしています。給料日の翌日には振分が完了しているので残高管理がしやすいです。

 

40歳代の方に必要な資金

積立のポイント図

40歳代の資金積立

 40歳代となると順調に積立ができれいれば『教育資金』についてはひと段落ついているころかもしれませんね。「やっとのようなあっとゆうま」という感じでしょうか。

 

そんな時期に申し訳ないですが。。。

 40歳代の方にはすぐに『ご自身の老後資金』の準備に入ってもらいます!

でも、30歳代に必要な資金を順調積み立てられてきたあなたにとってはそんなに大変なことではないはずです。

 

習慣化した積立感覚を『老後資金』に切り替えるだけです。この時期はリタイアまで20年以上の時間的余裕があります。なので『単純に積み立てる』のではなく『投資をしながら積み立てる』というスタンスも重要な思考になります。

 

「投資は怖い」という意見も多くききますが、iDeCoなどの元本保証タイプの商品などを利用すれば「貯金に近い投資」が可能です。iDeCoは税制面でかなり優遇されますので必ず利用してほしい制度です。

 

iDeCoは「投資で得するのではなく、税金のキャッシュバックで得しましょう」

 

どれだけ得をするのかは、あなたの状況(職業や掛け金)によりますが是非検討する価値はあります。

www.massan.site

 

50歳代の方が必要な資金

積立のポイント図

50歳代の資金積立

 

子どもが独立して家計的には楽になる時期が50歳代ですね。子どもへの資金のすべてを老後資金に回せます。さらに余裕があれば住宅ローンの繰り上げ返済もいいですね。

 

そう考えると50歳代の資金形成は単純です。

「お金や資産を減らさない」

このことにだけ考えればいいです。もしも40歳代にiDeCoなどで投資について勉強して十分な知識があれば、ちょっとだけ投資に余力資金を回してもいいですが。。。「絶対に資産を減らさないでくださいね。老後資金形成の最終コーナーです!ここで欲を出しすぎないようにしてください。

 

ちなみに

「住宅ローンの繰り上げ返済」は早い方が支払利息がすくなくてお得です」

なんて意見もありますが、せっかく超低金利でローンを組めたのですからあわてることはないんです。一般的には、繰上や借り換えには手数料がかかります。その辺もきっちり計算してから行動に移さないと。。。結果的に『損』することにもなります

 

とにかく50歳代は老後資金をためる最後のチャンスですので現金積立を中心に、余力資金は『iDeCo』や『つみたてNISA』で比較的安全な「投資信託」で資金を増やしていきましょう。

 

まとめ

30歳代の方は『教育資金』と『住宅資金』を同時に積立ましょう。優先順位は『教育資金』が先です。

 

40歳代の方は『老後資金』を効率よく貯めるため『投資』について考えてみてください。一番のおススメは『iDeCo』です。つぎに『つみたてNISA』となります。

 

50歳代の方は、

「お金や資産を減らさない」

でください。この一言です。

お金を減らさない行動をとってくださいね。