まっさんの「生きにくさ」を考える

生きるのがちょっとだけ楽しくなるかも

【シェアリング】シェアサービスのご紹介

シェアサービス画像

【シェアリング】貸し手も借り手もうれしいシェアサービスを紹介します

こんにちは『まっさん』です。

あなたは何をシェアしてますか?

わたしはメルカリドコモ・バイクシェアサービスを利用しています。「シェア」って便利ですよね。近年、生活の中に、「シェア」とう考え方が急速に浸透してきていること実感します。

 

もともと「シェア」という考え方の一部は以前からありました。お互いに必要な時に貸したり借りたりする制度で「相互扶助」などという考え方でした。平たく言えば「中古」とか「レンタル」ですね。

 

中古や互助会システムのメインは「モノ」でした。冠婚葬祭など人生に数回程度しか着ない服などがいい例でしょう。ところが、最近の「シェア」という考え方はそれだけではないようです。「シェア」は生活に関わるあらゆるものに対象が及んでいます。

 

今回は「シェアできるものは全てシェアする」をコンセプトに「シェアサービスを行ている企業の紹介」についてつらつら書いてあります。

 

www.massan.site

さあ、「シェア」しよう

あなたもすでに何かシェアリング(以下、シェア)していますか?

  • シェアハウス
  • カーシェア
  • シェアサイクル
  • 民泊

など、最近よく聞くワードですよね。

「シェア」とは、モノや空間を不特定多数の個人と共有して利用することです。さっそくどんなもモノやサービスがシェアできるのか紹介していきます。

『モノ』をシェアする

「モノ」のシェアは昔からあるビジネスモデルです。衣類や家電など自分が使わなくなったものを必要としている人へ売るフリーマーケットなどで行われてきました。最近はネットで気軽に出品できるサービスも出てきたので利用頻度が高くなっています。

メルカリ

スマホで写真を撮るだけですぐに服やモノを出品できるのが特徴。何でも個人間で出品できるため、めちゃくちゃ出品数が多い。売りたい商品を撮影して商品説明を書くだけで出品は完了。購入したい商品があれば画像から「購入手続き」⇒「支払方法選択」で購入完了となる。

  • 出品時の手数用は0円
  • 商品が売れたときのみ販売手数料が10%かかる

airCloset(エアークロゼット)

プロのスタイリストがあなたにピッタリなサイズや好みをコーディネイトしてくれる。月額制の女性向けレンタルサービス。

  • 登録料は無料
  • ライトプラン:6,800円/月 1回3着まで
  • レギュラープラン:9,800円/月 1回3着ずつ借り放題
  • 返送料 300円
  • クリーニング不要

着ルダケ

男性用ビジネスウェアを月額制で2年間レンタルできるサービス。届いたスーツは2年間はあなたの専用スーツとなる。さらに届くスーツはすべて新品。また、春夏秋冬と各シーズンに合わせてスーツが手元に届く。たとえば、申し込み時、秋冬物を着用していた場合、春夏物が届いたら手元にある秋冬物は集荷してクリーニング・保管してくれる。

Laxus(ラクサス)

エルメス・ヴィトン・シャネルなど高級ブランドバッグが月額制で使い放題のバッグ・シェアーサービス。あなたのお気に入りのバックを無期限で何個でも使える。もちろん新作バックも使い放題。通常使用ならキズがついても保険でカバーできるので安心。さらに、あなたが持っているバッグをレンタルすると、ちょっとした「おこづかい」が入る「ラクサスX」というサービスもある。

  • 月額6,800円
  • 無期限
  • 個数制限なし
  • 往復送料無料
  • ラクサスX:1つのバッグにつき年間24,000円

 KARITOKE(カリトケ)

ブランド時計の月額制レンタルサービス。お気に入りの時計が無期限で借りられる。また、月に1回の交換も可能。気分やシーンごとにお気に入りの時計をチェンジすることもできる。使用予定のないあなたの時計を貸し出すサービス「KASHITOKE」もあり。「KARITOKE」の利用によりキャッシュバックが受けられる。

  • 会員登録無料
  • カジュアルプラン :3,980円/月
  • スタンダードプラン:6,800円/月
  • プレミアムプラン :9,800円/月
  • エグゼクティブプラン:1万9,800円/月

『スキル』をシェアする

個人の能力を手軽に「シェア」することもできようになりました。「スキル」シェアは空いた時間に個人の知識や技術を提供して収入を得ることができます。一方、利用する側は必要な知識や技術を短い時間だけの利用できるのでコストが抑えられます。また、家事や育児など、どうしても自分の時間を確保できない人には家事・育児の代行なども人気のシェアサービスです。

Lancers(ランサーズ)

国内最大のクラウドソーシングサービス。「仕事を頼みたい人」と「仕事を受けたい人」をネット上でマッチングする「スキル」シェアを提供する会社。仕事の種類は豊富で、Web制作、デザインから覆面調査まで多種多様。仕事依頼件数も200万件以上で自分に合った条件を見つけやすい。

  • 18歳以上
  • 会員登録無料・月会費無料
  • 報酬は条件により異なるが利用手数料として報酬の5~20%が引かれる

 AsMama(アズママ)

 子供を預けるのに「知らない人」ってわけにはいかない。できれば「顔見知りの人」にお願いしたい。そんな子育てママの要望に応えたのが「AsMama(アズママ)」のサービス。助け合いアプリ「子育てシェア」で知り合ったママ同士が子育てをシェアする。各地域で認定されたサポーター「ママサポ」たちを中心に交流イベントでつながりをつくり地域全体で子育てママを支援していくサービス。

  • 登録無料
  • アズママへの利用料無料
  • お願い事を「シェア友」に一斉送信
  • 支援者に謝礼を1時間500~700円支払う
  • 万が一の時の保険に対応。保険料はアズママが負担

 ストアカ

「教えたい人」と「学びたい人」をつなげるシェアサービス。ビジネススキルから習い事まで幅広いジャンルをカバーしている。なんと講座数は2万9,000件以上ある。あなたが修得した知識を誰かに教えたいなら登録したいシェアサービスだ。

  • 登録無料
  • 受講料は講座情報で確認できる
  • 講師側のストアカ利用料は受講料の10~20%

coconala(ココナラ)

知識・スキル・経験を売り買いできるフリーマーケット。みんなの『得意』がお金になるシェアサービス。例えば、恋愛相談や占いなどもシェアサービスの対象となる。

  • 登録無料
  • 出品手数料無料
  • 出品者は販売価格の25%が手数料として引かれる
  • サービスのやり取りはオンラインのみで1対1の非公開

『空間』をシェアする

空間をシェアするってイメージできます?代表的なのが『民泊』ですね。その他にも会議室、パーティー会場などのレンタルスペースや最近需要が増えているフリーランスの方に人気のワーキングスペースなども「空間」シェアできます。

宿泊施設をシェアする

Airbnb(エアービーアンドビー)

「民泊」という概念を日本中に広めた企業。宿泊施設以外にもレストラン、体験施設などもシェアできる。日本独自の「Airbnb Partners」も展開している。

HomeAway(ホームアウェイ)

休日の過ごし方が変わりそうな感じのシェアサービス。バケーションレンタル業界最大手エクスペディアグループが提供する「空間」シェアサービス。「滞在場所を探す人」と「貸し出し可能な現地ホスト」をつなぐ。

STAYJAPAN(ステイジャパン)

日本最大級のエンターテイメント型民泊予約サイト。農場体験ができる「農泊」や漁業体験ができる「漁師民泊」など体験型宿泊プランが人気。その他、普段は泊まれない「寺泊」や夜の肝試しの定番、学校に泊まれる「学校泊」などもある。

 

レンタルスペースをシェアする

SPACEMARKET(スペースマーケット)

会議室、パーティー会場のシェアだけでなく、写真撮影、ロケ撮影など目的にあったスペースを予約できる。1時間単位で貸し出しも可能なので、貸し手側にも使い勝手のいい空間シェアサービスだ。

Spacee(スペイシー)

会議室を1時間500円からレンタルできる。ワーキングスペース「100円カフェ」は30分50円からとリーズナブルに利用できる。

 

駐車場をシェアする

akippa(あきっぱ)

個人間の駐車場レンタルをマッチングしてくれるサービスを提供している。全国の月極駐車場や個人駐車場を利用。予約はスマホでOK。15分単位でも利用も可能なので買い物やイベントなど短時間だけの利用にも活用できそうだ。

toppi!(トッピ!)

空きスペースを有効利用したい人と外出先で駐車場を探す手間を省きたい人をマッチングする、事前予約駐車場サービス。駐車場を求めてウロウロしたくない人にはもってこいのサービスだ。

『移動』をシェアする

車を所有するにはいろいろとお金がかかる。自動車税や車検代、さらに損害保険代などなど。。。週末やイベントにしか車を使わない人にはけっこうな負担ですよね。とはいえ、電車・バスなどの公共機関はゆっくりできないからイヤ!という人も多いですよね。昔なら「レンタカー」や「タクシー」を利用するしかなかったんですが、最近は違います。それが『移動』シェアです。

車をシェアする

タイムズカー プラス

スマホで乗りたい車を簡単に検索できるカ―シェアサービス。対人・対物補償など保険代も利用料金に含まれていて、サポートが充実しているのが強み。

  • 初期費用:1,550円(利用カード発行)のみ
  • 月額基本料:1,030円
  • 利用料金:ベーシック車 206円/15分 プレミアム車 412円/15分

Anyca(エニカ)

一般オーナーが所有する車を1日単位で「シェア」するサービス。そのため、選べる車の種類がとても多いのが特徴。単なる移動ではなく、憧れの車に乗りたい、ディーラー試乗では物足りないtという人には最適なサービスと言える。利用するドライバーは1日自動車保険に自動的に加入するので安心してドライブを楽しめる。

  • オーナー・利用者ともに登録料・月額費無料
  • 利用料金は車種により異なる(24時間ごと)
  • オーナー受取料金:平均25,000/月

CaFoRe(カフォレ)

貸し手と借り手をマッチングするシェアサービス。貸し手が提示した条件で利用料金が決まる仕組み(落札制度)。CaFoRe自体はマッチングのみ行うため、落札後の「受け渡し方法」は個人間で決めることになる。費用負担のシステムはやや複雑だが落札制度なのでうまく落札できれば目的の車を格安で利用できるサービスである。

  • 利用者・オーナーともに登録料無料
  • 利用者は「落札代金+落札代金の8%」を支払う
  • オーナーは「落札代金の10%」をCaFoReに支払い残りを受け取る

相乗りでシェアする

notteco(のってこ!)

平たく言えば「ヒッチハイク」。目的地が同じ方向ならば「乗ってっていいよ」といった相乗りサービスだ。ただし、法律的にはドライバーに料金を支払うことはNGであるため、ガソリン代や高速代金の実質費用を「ワリカン」にするというシステムをとっている。「乗せる方」「乗る方」とも実質の移動費用が軽減できるので長距離の『移動』シェアには最適なサービスといえる。知らない人と長時間のるのが不安という人もいるだろうが、本人確認を徹底的に行っているため、その辺は安心できそうだ。

  • 利用者・ドライバー登録料無料
  • 実質費用を全員でワリカン
  • 支払は当日その場で現金決済
  • 目的地方向が同じで費用もワリカンなので遠慮は無用
  • ドライバーさんに飲料やお弁当などのちょっとしたの気遣いは忘れずに

自転車をシェアする

近場の仕事先への移動や旅行先の町中に移動に自動車ではかえって不便を感じる時もありますよね。その「ちょっとした移動」には自転車が最適です。とはいえ、会社や旅行先に自転車をもっていくわけにはいきませんよね。そんな『ちょこっと移動』をシェアするのがシェアサイクルです。

COGICOGI SMART!

スマホアプリで利用できるシェアサイクル。利用できるエリアはまだ限定的だが、エリア拡大中である。

ドコモ・バイクシェアサービス Touch!

NTTドコモが提供するシェアサイクルサービス。自転車の利用頻度ごとにプランがあり、ライフスタイルに合わせた『サイクル』シェアが選べる。

  • 1回会員:1回の利用料金が150円/30分
  • 月額会員:月額2,000円
  • 1日パス:1日1,500円

最後に

今回のシェアサービスのご紹介いかがでしたか。「シェアエコノミー」はまだまだ始まったばかりです。今回紹介したサービス以外にも多くのサービスがあります。福祉介護分野お金などもシェアする時代になってきています。そのようなサービスも順次、紹介していきますので楽しみにしていてください。

 

www.massan.site

www.massan.site

www.massan.site

www.massan.site

www.massan.site